敦賀ロータリークラブ

  1. HOME>
  2. ロータリークラブとは>
  3. ロータリークラブの綱領

ロータリークラブの綱領

ロータリーの綱領は、有益な事業の基礎として奉仕の理想を鼓吹し、これを育成し、特に次の各項を鼓吹育成することにある。

  1. 奉仕の機会として知り合いを広めること
  2. 事業及び専門職務の道徳的水準を高めること。あらゆる有用な業務は尊重されるべきであるという認識を深めること。そしてロータリアン各自が、業務を通じて社会に奉仕するために、その業務を品位あらしめること
  3. ロータリアンすべてが、その個人生活、事業生活および社会生活に、常に奉仕の理想を適用すること
  4. 奉仕の理想に結ばれた、事業と専門業務に携わる人の世界的親交によって、国際間の理解と親善と平和を推進すること


ロータリーの綱領の新しい翻訳


ロータリーの目的(設立目的)(東大阪みどりRC 山片重房氏訳)

ロータリーの目的は、価値ある企業活動の基礎として奉仕理念を推奨し育成すること、詳しくは、次の事項を奨励し育成することである。

  1. 奉仕の機会を得るときには、交友(人間)関係を発展させること
  2. 社会に奉仕する機会を得るときには、企業と専門職が有する高い倫理基準を保ち役立つ仕事はすべて価値あるものと認識しそして、ロータリアン各自の職業を尊厳あるものにすること
  3. ロータリアンの一人一人が、個人として、職業人として、地域社会の一員として、奉仕理念を(自らの意志で)実地応用(実践)すること
  4. 奉仕理念に結ばれた実業家と専門職の世界的な団体を通して、国際理解、親善、平和を促進すること


ロータリーの目的 (田中毅PDG訳)

ロータリーの目的は、有益な企業活動の基本として、奉仕理念を奨励し育成することである。その詳細は以下の項目を奨励し育成することである。

  1. 奉仕の機会を得るために、知り合いを開拓すること
  2. 社会に奉仕する機会を得るために、事業および専門職務の高い倫理基準を保ち、世に有用なすべての職業の価値を認識し、ロータリアン各自の職業を威厳あるものにすること
  3. 個々のロータリアンが自らの個人生活、職業生活、社会生活において、奉仕理念を実践に移すこと
  4. 奉仕理念に結ばれた、事業と専門職種の人たちの世界的な組織を通じて、国際理解と親善と平和を促進すること


ロータリーの目的 (敦賀RC 刀根荘兵衛修正)

ロータリーの目的は、価値ある企業活動の根本に奉仕理念を置きこれを推奨し育成すること、詳しくは、次の事項を奨励育成することである。

  1. 奉仕を実践する際には、関係する人々と面識を深め人間関係を発展させること
  2. 社会に対する奉仕を実践するうえで企業と専門職がもつ高い倫理基準を保ち社会に役立つ仕事はすべて価値あるものと認識しそして、ロータリアン各自の職業を尊厳あるものにすること
  3. ロータリアン一人一人が、個人として、職業人として、地域社会の一員として、奉仕理念の実践に努めること
  4. 奉仕理念に結ばれた企業人と専門職に携わる人々の世界的な団体として、国際理解、親善、平和を促進すること


TOP