敦賀ロータリークラブ

  1. HOME>
  2. 委員会活動計画>
  3. ロータリー基金委員会>
  4. ロータリー財団

ロータリー財団
主担当 中山勝美

  

具体的な活動計画

  • 例会にてロータリー財団についての現状と活動内容および当クラブの関わりを説明し会員の理解を深める。
  • 地区補助金、グローバル補助金に関する情報をロータリー理念委員会および奉仕プロジェクト委員会と共有し、積極的な活用に努める。
  • 年次寄付:目標1人当たり180ドル以上とし、全員達成を目指す。
  • ポリオ寄付金として1人当たり30$の寄付を達成する。
  • 恒久基金への寄付を促すとともに、べネファクター1名を達成する。
  • ベネファクターへの参加を会長、幹事、委員長に促す。
  • 例会で寄付者を発表し、ファンドレイジングに対する意欲を増進させる
  • ロータリー財団月間に卓話を実施する。
  • 学友やボランティアを招き、財団とのかかわりでどのような体験が得られたか、あるいは財団が人びとにどのように恩恵を与えたかについて、話をしてもらう。
  • 奉仕プロジェクト委員会協力と協力し地区補助金の利用したプロジェクトを立案資金調達を行う。
  • 地区ロータリー財団委員会のアドバイスを戴きながら、奉仕プロジェクト委員会と連携しグローバル補助金の申請を目指す。
  • 財団奨学生候補者を発掘し、申請する。

TOP