敦賀ロータリークラブ

  1. HOME>
  2. 委員会活動計画>
  3. 奉仕プロジェクト委員会

奉仕プロジェクト委員会
委員長 櫻井 泰行

活動の基本方針

ロータリーを学び、真実かつ公平なものであるか判断し、好意と友情を深め、みんなのためになる奉仕活動を進めていく。各奉仕活動について委員会が計画した活動を実践できるよう、会員各位と調整を計り、目的が達成できるようサポートしていく。特に、予算面については厳しい状況なので、必要に応じて会員相互の垣根を越え、調整していくものとする。

人間尊重・地域発展・環境保全・共同奉仕の4つの面から社会奉仕に取り組むとともに、従来より取り組んできたものを継続し、市民の声、社会のニーズを的確に捉え、地域に根差した活動を行う。総じてスト−リ−を持って継続的な奉仕活動を行いたい。

青少年育成に寄与する事業を行う。青少年奉仕活動は委員会の垣根を越えて、クラブ全体で取り組む。

敦賀に来訪した外国人の史跡を通じて国際的な絆を紡いでいく。また会員各位のご協力を得ながら、どのような国際奉仕活動が望ましいか探求して行く。



TOP