敦賀ロータリークラブ

2017-2018年度敦賀ロータリークラブ会長 宇野美和 2017-2018年度
敦賀ロータリークラブ

会長 宇野 美和
国際ロータリーのテーマ

ご挨拶

歴史と伝統ある敦賀ロータリークラブ2017~2018年度の会長を拝命し、その責任の重さに、身も心も引き締まる思いです。

さて、本年度のイアン・ライズリーRI会長のテーマは、「ロータリー:変化をもたらす(Rotary:Making a Difference)」です。奉仕を通じて人々の人生に、地域に、世界に変化をもたらし、ロータリアンそのものの人生を豊かに生きよう。そのために各クラブとロータリアンが自由に議論し、行動してほしいと方針を示されました。

これを受けて、田中誠二RI 2650地区ガバナーは、「愛着と誇り」を地区スローガンと定められました。奉仕の理想を胸に秘め、人生や仕事、ロータリーに愛着と誇りをもって行動することで、それぞれのロータリー観を醸成し、クラブの魅力を引き出し、よりよい地域づくりと日本の発展、世界の平和と繁栄に向けて、変化をもたらすことにつなげたいと述べられました。

思えば敦賀ロータリークラブは、昨年度、刀根荘兵衛ガバナー輩出との栄誉の下に、地区大会のホスト役をつとめるなど、有難くも地区の活動に寄与する機会を頂きました。そして創立60周年という「ふしめ」を迎え、その記念例会を開催したのでありますから、今年度は、クラブを支えてこられた先輩諸氏に感謝申し上げ、その伝統と理想の継承を強く意識すると共に、新たに歴史を積み上げる「再出発の年」と意義づけることが大切であると思います。

その上から、敦賀ロータリークラブのメンバーお互いは、ロータリアンとしての自覚と誇りをもって奉仕の理想を求め、心の立て替えに努力していきたい。そして活動を見つめ直し、「変化」をもたらして、「人のために心をつくすよろこび」を味わえるクラブへと一歩前進していきたいと考える所存でございます。

どうぞ皆様にはこの旨ご諒解頂いて、一手一つにご協力下さるよう、心よりお願い申し上げます。

TOP